親子で作ろう ひといきレシピ

甘夏のほとんどは川野夏橙といって、夏みかんから発生した変異種です。夏みかんと比べて酸度が低く、甘みを感じることができ、春から初夏にかけて旬となります。ビタミンCやクエン酸、ビタミンB1を豊富に摂れるのが特徴です。

材料

甘夏の皮
2個分
白砂糖
100g
グラニュー糖
2~3杯
適量

作り方

  1. 甘夏の皮をたわしなどでよく洗い、内側の白いわたは残し、すじだけ取り除きます。

    甘夏はできるだけ低農薬のものを選びましょう。皮は一晩水につけた後で洗うと、汚れが落ちやすいですよ。
  2. 甘夏の皮を約5㎜幅に切り、たっぷりの水を沸騰させた鍋で2~3分ほど茹で、ざるにあげます。これを2~3回繰り返します。
  3. 鍋に水100㏄と白砂糖を入れて中火にかけ、砂糖が溶けたところで2の甘夏の皮を入れて煮ます。
  4. 鍋の中のシロップの量が減り皮が鮮やかな色になったら、弱火にしてオレンジの皮をバットの上に一枚ずつあげていきます。完全に冷めた後でグラニュー糖をまぶし、ラップなどはせずに冷蔵庫で乾燥させます

    乾燥させた後で、湯せんにかけたミルクチョコレートにつけて「夏みかんピールチョコ」にしても美味しいですよ!

資料請求

教室検索

講師募集