関塾風 海軍カレーライス 明治時代末の『海軍割烹術参考書』という本に登場するカレーのレシピをアレンジしています。カレーは、明治時代の初めに日本で紹介されました。その時のレシピには、食材に「アカガエル」もあったんですよ! 米 … 240g(1人80g) 薄切り牛肉 … 150~200g じゃがいも … 200g にんじん … 100g たまねぎ … 250g ヘット(牛脂) … 60g 小麦粉大さじ … 2~3杯 カレー粉大さじ … 3杯 塩こしょう … 少々 フォンドボー(市販でOK)のスープ…600~700cc 米を研ぎ炊き始めます。薄切り牛肉は一口大に、じゃがいも、にんじん、たまねぎは洗って皮をむき賽の目に切ります。ヘットは細かくみじん切りに。 ヘット30gを敷いたフライパンで小麦粉を弱火で煎り、きつね色になったらカレー粉を加え、フォンドボースープを少し加え「薄めのとろろ汁」ほどに延ばします。 残りのヘットを熱した鍋に入れ、強火できつね色になるまで炒め、たまねぎを入れて強火で2分ほど火を通したら、牛肉、にんじん、じゃがいもを加えます。残りのスープを加え、あくを取り必要に応じて水を足しながら約20分煮ます。 2を3に入れて弱火で煮込み、塩こしょうで味を調えます。炊き上がった米と一緒に盛りつけて完成!

資料請求

教室検索

講師募集