関塾タイムス
新感覚インタフェース|コンピュータを“意識しない”時代に

社会に溶け込む未来のコンピュータ

 日々進化するネットワークの世界。今や私たちの生活に欠かせない存在です。これから先、コンピュータは様々に姿を変え、人間社会とより密接な関係を築いていくはずです。
 今回は、そんな未来の可能性の一つ、大阪大学・伊藤雄一先生が実現を目指す『無意識コンピューティング』を紹介します。こちらが意識して操作しなくても、コンピュータが知らないうちに私たちを手助けしてくれる世界。もっともっとコンピュータと仲良くなれる世界。私たちの毎日は、どのように変化するのでしょうか?
 株式会社 イメージミッション木鏡社 代表取締役社長 前畑 典子さん

続きはTIMESで
英語はかっこいい|使える・かっこいい英語表現30選

語感も、意味も楽しんで

 英語を修得するには、まずは語彙力が必要ですね。それから正しい文法も身につけなければなりません。しかし、英語も言語ですから、語感やリズム感も大切です。日本語でも、手紙やメールのやり取り、日常会話では、言いやすかったり、何となく目に留まる文章の流れがあったりしますよね。
 そこで今回は、今日から使える、かっこいい英語表現を紹介します。覚えやすい文章ばかりですので、ぜひ声に出して読んでみましょう!
 読み方がわからなかったら、辞書で調べたり、先生に聞いたりしてくださいね!

かっこいい日常の英会話10選

After you. / お先にどうぞ。

出入り口などで、相手に順番を譲る時に使えるフレーズです。丁寧な言い回しになります。「After you.」と言われたら、「Thank you.」と笑顔で答えて先に行きましょう。友達には「Go ahead.」のカジュアルな言い方でOK。「Go ahead.」には「やってみなよ」という意味もあります。

Hang in there. / くじけないで。負けないで。

「hang in」に「がんばる、持ちこたえる」という意味があります。映画やテレビドラマのセリフだけでなく、歌詞などでも見かけるお決まりのフレーズです。

Believe in yourself. / 自分を信じて。

「believe in ~」で「~を信じる、~の存在を信じる」という意味になります。自分を信じて、志望校合格目指してがんばりましょう!

I will get back to you later. /あとで連絡するね。

「get back」には「戻る、帰る」などの他に「折り返し電話をする」という意味もあります。「調べて再度連絡します」というニュアンスがあるので、ビジネスシーンでは「あらためてご連絡いたします」という意味でも使われます。

It’s up to you. / それはきみ次第さ。

「(きみがそれをするのを決めるのは)きみ次第だよ」という意味で使われます。同じような表現に「It depends on you.」がありますが、こちらは「(わたしがそれをするかどうか決めるのは)きみ次第だよ」という意味になります。

Can I ask you something? / ちょっと聞いていい?

仲の良い友達に、何かを尋ねたい時に使える英語です。 「Can I ~?(~してもいいですか?)」や「Can you ~?(~してくれますか?)」という表現は、よく目にすると思います。しっかり覚えておきたいですね。

It’s a piece of cake. / こんなの楽勝だよ。

直訳すると「一切れのケーキ」ですが、「ケーキ一切れくらい簡単に食べられる」ことから、「楽勝だよ」の意味になりました。「朝飯前だよ」という訳でもいいですね。「It’s a walk in the park.」も同じ訳になります。公園を散歩するくらい簡単なこと、という意味です。

I am so lucky to have you as a friend! / あなたのような人が友達でよかった!

大切な友達へ、大好きだという気持ちを伝える時におすすめの言葉です。カードのメッセージに添えてもオシャレですね。「There will never be another you.(あなたの代わりなんて、どこにもいないよ。)」や「You’re very special to me.(あなたは、わたしにとって特別だよ。)」といった表現も使えますね。

What’s up? / 調子どう? ・ 会えてうれしいよ。

学校の授業では「How are you?(お元気ですか?)」という表現を学びますが、友達同士であれば「What’s up?」というカジュアルな言葉のほうをよく使います。久しぶりに会った友達に「最近どう?」と尋ねたい時は、「How’ve you been recently?」と言いましょう。「How’ve」は「How have」の省略形です。日常会話では省略して発音します。「ハウヴユービーン~?」という感じになります。

Send all my love and thanks to you. / たくさんの愛と感謝を、あなたに贈ります。

家族や友達など、大切な人に伝えたい英文です。「all」には「全部の、全体の」の他に「あらん限りの、最大の」といった意味もあります。手紙の最後などに添える「I wish you all the best.(成功を祈る。)」という決まり文句も覚えておくといいでしょう。
つづきはタイムスで!

資料請求

教室検索

講師募集