関塾タイムス
TOEICとTOEFL

これから大学入試に本腰を入れて取り組もうとする高校1、2年生にとって、受験校を決めるまで長い付き合いになり、数字に一喜一憂することになるのが「模試の偏差値」と「志望校の競争率(倍率)」です。今回は、これらの数値に関する「正しい読み取り方」を紹介していきます。

大学入試のための「正しい偏差値の見方」

高校受験もしくは中学受験の際、様々な模試を受けて偏差値で自分の実力を測ったことがあるでしょう。模試の結果を受けて、塾の先生から「君の偏差値は○○だから、A高校なら安全圏だけどB高校だとチャレンジになるよ」といったアドバイスをもらった人も多いのではないでしょうか。

皆さんにとって偏差値は聞き慣れた言葉だと思います。ですが、はたしてどのくらいの高校生がその意味を正しく理解しているのでしょうか。割合は決して高くないはずです。もしかすると、皆さんの中にも、偏差値は「学校のレベルを数値化したもの」と捉えている人がいるかもしれませんね。

偏差値の意味を簡単に紹介すると、
受験者全体の平均を「偏差値50」とした時の自分の位置(平均からどれだけ離れているか)
となります。

ですから、自分の受けるテストの種類や質によって偏差値は大きく変わるのです。

大学入試になると、模試の種類が「センター模試」「記述模試」「△△大模試」などと、これまでとは段違いに多くなります。こうなってくると、自分の偏差値はもちろん、模試ごとに示される「大学の合格可能性」も、その数値の意味するところが毎回違ってくるので注意が必要です。

では、東京大学志望のT君を例にあげて考えてみましょう。東京大学に合格するためには、「センター試験」と「東京大学の二次試験」の2種類の試験を突破しなければなりません。

まず、T君はセンター試験受験者のための「センター模試」を受験しました。この時結果として出た彼の偏差値は68、東京大学のA判定ラインは偏差値73でした。ところが、後日受けた「東大模試」の結果によると、T君の偏差値は52、A判定のラインは61というデータが返却されてきました。2種類の模試の結果は、なぜこれほどまでに違うのでしょう?

T君が最初に受けた「センター模試」は、国立大学受験を考えている人はもちろん、私立大学(センター利用)受験を考えている人も受験をします。ですから、模試を受ける母集団はかなりの大人数となり、受験者のレベル差も大きくなります。この場合のT君の「偏差値68」は、「センター試験受験を考えている人の中では、かなり上位にいる」ことを意味します。この結果でわかることは、「本番のセンター試験を受験した場合、おそらく上位の得点を取ることができるだろう」ということだけで、東大の合格可能性を正しく判断することはできません。

次に、「東大模試」は、東大受験を考える人が受ける模試です。その母集団は「センター模試」の時とは全く異なります。東大の合格可能性について判断する精度は上がりますが、その代わりセンター試験の得点率を予測することには向いていません。受験者のほとんどが東大合格を視野に入れることができる成績の保持者ですから、受験生の間で差がつきにくく、偏差値が出にくい試験になります。

T君は、この2種の模試の結果から、「大学受験生全体の中では成績上位だが、東大志望者の中だけで見るとだいたい平均の位置にいる」と予測することができました。このように、母集団の質が異なる模試ですと、単純に偏差値だけを比べても適切な予測はできません。

それと、模試返却の際に気になる「大学合格の可能性」も、過去にこの模試を受けた人が、どのくらいの確率でその大学に合格したかを示すものですから、「ある模試ではA判定、でも違う模試ではC判定」ということも起こり得ることを知っておきましょう。

受験生を不安にさせる「名目倍率」「実質倍率」との正しいつきあい方

特に都市圏の人気私立大学では、入試倍率の高さがしばしば話題になります。倍率が10倍を超える(10人に1人しか合格できない)人気学部も多くあり、その倍率を見ただけで「自分には無理だ」と諦めてしまう人も少なくないでしょう。

しかし、そこで諦めると損をするかもしれません。なぜなら、倍率には名目倍率実質倍率の2種類があるからです。

早稲田大学法学部を例に見てみましょう。2013年度入試では「募集人員350人に対して志願者4967人」で、名目倍率(出願者数÷定員)はなんと14.2倍となります。これだけ見ると後ろ向きになってしまうかもしれません。しかし、実質倍率(受験者数÷合格者数)はどうだったかというと「受験者4406人に対して合格者は924人」ですから4.8倍です。ハードルはだいぶ低くなりました。同じ早稲田大学でも、教育学部(2013年度:全体)では名目倍率19.1倍に対し実質倍率は5.2倍まで下がりました。

大学入試では、高校受験までと違い、受験者一人の出願校も多くなります。地元の大学以外の志望校を受験することも普通です。よって、出願したものの受験しなかった学生、合格したものの入学しない学生も出てきます。さらに、大学側は補欠繰り上げを視野に入れて多めに合格者を出すことも珍しくありません。本当に行きたい大学・学部があるのなら、尻込みせずにチャレンジしてみましょう。

また、大学入試では倍率が何倍であろうが「自分が合格最低点を突破する」ことができれば合格になります。他人の動向は気にせず、自分がしっかりと実力を出し切ることだけを考えればよいのです。

大学選びで最も大切なことは、「そこでの学びが自分の一生を左右する」と認識することです。偏差値や入試倍率は合格の可能性を探る1つのツールでしかなく、「大学を選ぶ基準」とは違います。

これから大学受験に向かう皆さんが最初にすることは、大学の偏差値を調べることではなく、自分が何をやりたいかを見定めることです。

資料請求

教室検索

講師募集