関塾タイムス
男子校&女子校の魅力をさぐる?

男女別学のメリットって

 教育現場において、児童、生徒、学生が、男女別々の場所で学ぶことを男女別学といいます。反対に、男女が同じ場所で学ぶことを男女共学と呼びます。
 共学のメリットは、男女が共に学校生活を送る点にあると言えます。青春時代に、異性との成長の違い、考え方の違いを経験できることは貴重なことでしょう。では、男女別学のメリットとは何でしょうか。最近よく言われているのが、男女それぞれの特性に合わせた学習方法が実施できるので、優秀な学力を身につける生徒が多いという点です。実際、難関大学に合格した生徒数を出身校別に見てみると、上位には男女別学校が名を連ねているといったことも、よく取り上げられています。
 このことから欧米では男女別学を見直す傾向があるようです。アメリカの公立小中学校では、男女別学クラスが増えています。2002年にできた新しい法律が公立校での男女別学を認めたためで、1995年には全米で3校だった男女別学クラスは、現在では500校以上にまでなっているそうです。

男女では脳の使い方が違う?

 近年、脳科学の分野での研究が進み、男女では脳の性質が違うことがわかってきました。たとえば、女子は言語能力が高く、男子は空間認知能力が高いなど、それぞれ得意な傾向があるようです。他にも、行動や感情、好みなどは、それまでの個々の生活で築かれる他に、脳の神経回路やホルモンの働きも影響しているというのです。先にあげたアメリカの男女別学クラスでは、そうした特徴をふまえたカリキュラムが組まれています。
 今回、4名の男女別学校の先生に学校の魅力を伺いました。男女それぞれの能力を最大限に伸ばし、将来社会で活躍するために必要なことを育むカリキュラムとはどういうものか、ぜひ知っておいてください。2学期が始まり、志望校を確定する時期になりました。男女別学、共学それぞれにメリットがあることを理解し、志望校を選ぶ際には自分に合ったスタイルを選びましょう。学校や塾の先生、保護者の方ともよく相談してくださいね!
博物館へ行こう!

博物館って何? 学芸員って何をする人?

博物館ってどんなところ?

 博物館とは、自然史や歴史、民族、美術、科学、交通などのある分野について、価値のある資料を収集・保存し、それらについて研究するだけでなく、展示をして広く一般に情報公開する施設です。
 博物館に保存・展示されている資料を収蔵品と呼びます。収蔵品には、博物館が購入した品、寄託品(所有者から保管を依頼された品)、寄贈品(所有者から贈り与えられた品)などがあります。それらの多くは、博物館の収蔵庫に保管されています。展示されている物は、実は収蔵品の一部なのです。

博物館での学芸員の役割

 博物館には、学芸員と呼ばれる専門の職員がいます。収蔵品について調査・研究を行うだけでなく、保存や展示、普及活動についても担当します。他の博物館から収蔵品を借りるための交渉や、イベントの企画・準備、来館者への対応なども学芸員の仕事です。物を大切にできる人、一つもしくは複数のテーマについて根気強く研究を続けられる人、人と接することが好きな人などが学芸員に向いているようです。
 学芸員になるためには資格が必要となります。学芸員の資格は、日本の博物館法に定められた国家資格です。資格を得るためには、大学で定められた科目の単位を修得するか、単位修得相当の実務経験が認められること、もしくは文部科学省の学芸員資格認定に通過するなどの方法があります。また、学芸員の資格を得たからといって、すべての博物館で働くことができるわけではありません。個々の専門分野に合った館に応募します。学芸員の就職先は様々です。博物館には、美術(美術館など)、歴史(歴史博物館、史料館など)、自然史・地学(自然史博物館など)、宇宙(天文台など)、生物(動物園、植物園など)などの幅広い分野があります。しかし、実際博物館の学芸員として採用される人数は、全国で毎年数十人ほどと言われていて、狭き門であるようです。「どうしてもこの博物館で働きたい!」という熱意も、学芸員には必要なのかもしれませんね。

展示の種類を知っておこう

 展示は、大きく2種類に分けられます。博物館の収蔵品を日常的に公開するのが常設展示です。もう一つは、テーマに沿って実施される企画展示です(特別展示、記念展示という名称の場合もあります)。たいていは常設展示よりも規模の大きな展示となり、収蔵品だけでなく、他の博物館や個人の所蔵家(コレクター)などから展示するための品を借りてきます。また、企画展示には、博物館自らが企画する展示と、同じ企画が複数の博物館で行われるもの(巡回展)の2種類があります。企画展示は年に数回実施されます。ホームページなどでテーマをチェックしてみましょう。

資料請求

教室検索

講師募集