関塾タイムス
勉学時代、この一冊

勉学時代、この一冊

本を読んで「体験」する

 OECD(経済協力開発機構)生徒の学習到達度調査「PISA」の2009年の調査によれば、2000年の調査時に比べ、読書を趣味にしている、本の内容について話すことが好きな日本の15歳が増えたそうです。
 読書が楽しくない、苦手だという人でも、家の人や友達から「この本面白かったよ!」と聞いて、「読んでみようかな」と興味を持った経験があるのではないでしょうか。まずは周りの人の読書体験を共有してみることから始めてみるといいでしょう。小説や自伝などを原作にした映画やドラマ、マンガもおすすめです。先に映像や絵を通してイメージできるので、原作の文章もスラスラと頭の中に入って来ることでしょう。また、科学者や冒険家、歴史上の人物、スポーツ選手など憧れている人物がいるならば、彼らの伝記や自伝を手にしてみてはいかがでしょうか。
 一人ひとりが実際に体験できることは限られていますが、本を読むことで疑似体験をすることができます。実際に行けない場所(遠い国や過去の世界)のことを知ったり、困難を乗り越えた人々のことを知ったりすることで、自分の視野を広げることができます。地の文(会話文以外の文章)が一人称の作品であれば、主人公の目線で作品に没頭できるでしょう。また、文章から、映像を想像する力を養うこともできます。


読書で伸びる学力とは?

 多くの文章に触れるほど、文章を読解する力が身につきます。繰り返し出て来る表現が、物語のキーワードだったり、作者の主張だったりするということも感覚的にわかるようになってきます。「しかし」や「ところで」などの接続詞に注目すれば、作中の別視点や場面転換をより効率的に把握することもできます。こうした力は、国語の長文問題だけでなく、数学や英語などの問題を正確に理解するためにも必要です。
 4ページより、関塾の先生方が勉学時代に出会った、思い出深いおすすめの本を紹介します。これを機会に、読書の面白さを体験してみましょう。


風邪予防7つのルール

再生紙は江戸時代の常識だった!

ルール1 使手洗いを徹底する
ルール2 うがいを徹底する

 風邪の80~90%が、ウイルスに感染することにより引き起こされます。発熱や頭痛、倦怠感などの全身症状の他、鼻水、鼻づまり、咳、喉の痛みなどの諸症状が出ます。ウイルスは、感染者が咳やくしゃみをすることによって出た唾液や鼻水を介して広がります。
 感染経路は、主に接触感染、飛沫感染、空気感染の三つです。そのうちの一つ接触感染は、風邪を引いている人の手や、その人が使用した物などに触れ、その手が鼻や口に接触することによって感染します。接触感染は、外出先では防ぐことはほぼ不可能です。電車のつり革や手すり、カフェやレストランなどのテーブルやイスなど、あらゆる場所での感染が考えられます。
 接触感染を防ぐために効果的な方法は手洗いです。帰宅後はすぐに石けんで手を洗いましょう。手のひらだけでなく、手の甲、指先、指の間、手首までしっかり洗います。また、感染者が咳やくしゃみをした時、飛沫感染する恐れもあります。空気中に漂っているウイルスを吸い込むことでも感染します。うがいでは粘膜に感染したウイルスを落とすことはあまりできませんが、吸い込んだホコリを洗い流すことで一緒にウイルスを追い出し、感染を防ぐことができます。手洗いとうがいは必ず実行しましょう。

資料請求

教室検索

講師募集