関塾タイムス
関塾タイムス特集

そろばんで脳のトレーニング

 小学校中学年時の算数で、そろばんの使い方を習いますね。そろばんを習得すると、計算のスピードが上がると言われています。また、そろばんを使って計算する時は指先を動かします。複雑な指の動きによって、脳が刺激され活性化することもわかっています。  そろばんが得意な人は、筆算をせずに、数式を見たり聞いたりするだけでぱっと計算することができます(=暗算)。そろばんで覚える暗算の方法は、記憶力を向上させると言われています。暗算のトレーニングには集中力を高める効果もあるそうですよ。  今回は、そんなそろばんの使い方を紹介します。そろばんを使って、たし算やひき算ができるように練習してみましょう。勉強前の集中力アップに、休憩時間の脳トレーニングにおすすめです!
続きは教育情報誌 関塾TIMESを見てね!いっぱいあるよ!

関塾タイムス特集

本当に「遠い国のできごと」?

 私たちは、テレビや新聞、インターネットから様々な情報を得ています。砂漠化の進行、紛争、難民の増加についてなど、遠く離れた場所でのできごとも、世界中の人々がすぐに知ることができます。  海外で起こっている様々な問題について、皆さんは「日本に暮らす自分たちには関係ない」と思っているかもしれません。ところが、情報伝達の量やスピードが格段に向上し、海外への輸送・移動手段も便利な現代においては、そうしたことに無関心ではいられないのです。遠い国や地域の砂漠化や食糧不足も、私たち日本人の活動が原因の一つとなっていることもあります。また、紛争によって起こる様々な問題は、日本にも影響しています。  今回は、世界の国々と日本との関係をなぞりつつ、様々な問題について考えていきたいと思います。 ※この記事の情報は2016年1月5日時点のものです。
続きは教育情報誌 関塾TIMESを見てね!いっぱいあるよ!

資料請求

教室検索

講師募集